介護派遣の種類と特徴を把握しよう

派遣で安定した休日を!
まずは介護派遣の種類と特徴を把握しておこう

まずは介護派遣の種類と特徴を把握しておこう

LINEで送る
Pocket

働き方は3種類

介護派遣にはいくつか種類があり、それぞれに特徴がありますので、自分の目的に一番合った働き方を選ぶためにも詳しく知っていきましょう。介護派遣は主に、3ヵ月程度の「短期派遣」、6ヵ月以上の「長期派遣」、正社員登用を目的とした「紹介予定派遣」の3つに分類することができます。

短期派遣

短期派遣は1ヵ月から3ヵ月ほどの限定された期間だけ働くことのできる方法です。有給休暇などの制度はありませんが、短期間で効率的に稼ぎたい人にとってはメリットが大きいです。日払いに対応しているケースも多く、すぐにでも収入が欲しい人にはおすすめです。また、短い期間の勤務になるので、煩わしい人間関係に悩まされることもないでしょう。そして、短いスパンで派遣先が変わるので、多くの介護施設で経験を積むことができます。そのほかにも、業務の引継ぎがないので楽、採用率が高いなどのメリットがあります。
デメリットとしては、有給休暇がないので休みがなかなかないということがあげられます。また、自分にマッチする職場環境の介護施設に出会っても長く勤めることができません。忙しい時期のヘルプ要因として派遣されることが多いので、仕事が忙しいという点も注意しましょう。

長期派遣

長期派遣は、6ヵ月以上働くと有給休暇の取得が可能になります。そのため、急遽休みが必要になっても対応することができます。また、勤務時間もフルタイムの場合が多いので、その分収入も多くなります。同じ職場で比較的長く勤務することになるので、スキルアップにもつながります。また、長期派遣で働く中で結果を出せば、直接雇用の誘いを受けることもあります。
ただし、周りに派遣の職員が少ないと肩身の狭い思いをするかもしれません。それゆえ面倒な人間関係が発生する可能性があります。辞め時をいつにするかも決めづらいので、しっかり目的を持って働いていくことが必要になります。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、正社員としての雇用を前提として派遣として働き始める雇用形態です。6ヵ月間の派遣期間をいわゆる試用期間のような形で働き、その職場でこれからも働いていきたいかを判断することができます。もし正社員として働くイメージがわかなければ、断ることもできます。将来的には安定した正社員を目指したいという人にとっては非常にメリットの大きい働き方であると言えます。実際に働きながら自分に合うかどうかの判断ができるというのも安心です。
ただし、正社員として入職した後は派遣会社からのサポートがなくなるので、雇用元との間にトラブルが発生した際には自分だけで対応しなければなりません。

休日をしっかり確保したい人におすすめの記事

派遣の魅力は働くスタイルが自由なこと
介護派遣なら休日も自由に選べる

介護業界は人材不足が続いており、そのため多くの介護施設が派遣会社に労働力を求めています。そういった事情もあることから、派遣で働けば休日を自由に選ぶことができます。それはどういうわけか、具体的にみていきましょう。

詳細を見る
介護派遣という働き方

介護職は休日が安定していないからと敬遠している人は多いかもしれません。しかし、「介護派遣」という働き方を選べば、自分のスタイル合わせて休日を取得することが可能です。当サイトは、そんな介護派遣の魅力について詳しく紹介しています。【お問い合わせフォーム】