派遣よりも優遇されている部分

派遣で安定した休日を!
正社員で働くメリット:安定と優遇

正社員で働くメリット:安定と優遇

LINEで送る
Pocket

安定した収入や充実の福利厚生

正社員のメリットとしてまず挙げられるのは、やはり安定した収入でしょう。非正規雇用だと時給制で給料が支払われるため、もし働く時間が少なければそれと連動して収入も減ってしまいます。その点正社員は月給制で毎月の給料を安定して得ることができます。そういったことから社会的信用も高くなり、カード会社の審査が通りやすくなったりローンを組んで大きな買い物をすることなどが可能になります。非正規雇用に比べて失業のリスクが低く、責任の重い仕事を任されることになるので長く働くことが見込まれるため、それだけ多くの社会的信用を得ることができるのです。また、月々の給料に加えて年に2回の賞与を得ることができます。生活面に大きなメリットを与え、モチベーションアップにもつながるでしょう。生活が安定することで仕事に集中しやすくなるというメリットもあります。
また、福利厚生が充実していることもメリットのひとつです。福利厚生とは、会社が雇用している職員に対して支給するお金以外の報酬で、具体的に言えば厚生年金や雇用保険の加入などになります。厚生年金は毎月の給料から天引きされますが、保険料の半額は企業側が負担してくれます。同じく、雇用保険も企業側で負担してくれます。雇用保険に入っておけば、万が一働くことができなくなった際に給付金をもらうことができるので、安心して働くことができます。こういった年金や保険以外にも、住宅手当や家族手当などを支給している職場もあります。住宅費の負担の軽減や、住宅ローンの一部を企業側が負担してくれるなど、より安定した生活を送ることができるようになります。家族手当は扶養している家族に応じて生活の負担を軽減してくれる仕組みのため、家庭を持っている人にとっては非常に大きなメリットとなるでしょう。

キャリアアップしていくことができる

正社員になることで、さまざまな研修への参加や資格取得のための勉強会、受験費用の負担などスキルアップのサポートを受けることができます。介護職は資格職になるため、こういったサポートを受けることで効率的にスキルを身につけることが可能となり、キャリアアップを目指していくことができます。企業側としても、職員には早く成長して長く活躍してほしいという希望があるため、こういったサポートを積極的に行っています。自分で勉強をするとなると多くの時間や費用が必要となるため、非常にありがたいサポートです。仮に転職する場合にも、取得した資格やスキルは有利に働きます。

休日をしっかり確保したい人におすすめの記事

派遣の魅力は働くスタイルが自由なこと
介護派遣なら休日も自由に選べる

介護業界は人材不足が続いており、そのため多くの介護施設が派遣会社に労働力を求めています。そういった事情もあることから、派遣で働けば休日を自由に選ぶことができます。それはどういうわけか、具体的にみていきましょう。

詳細を見る
介護派遣という働き方

介護職は休日が安定していないからと敬遠している人は多いかもしれません。しかし、「介護派遣」という働き方を選べば、自分のスタイル合わせて休日を取得することが可能です。当サイトは、そんな介護派遣の魅力について詳しく紹介しています。【お問い合わせフォーム】