正社員と比べて派遣は柔軟な働き方が可能

派遣で安定した休日を!
派遣で働くメリット:柔軟さ

派遣で働くメリット:柔軟さ

LINEで送る
Pocket

自分に合った働き方ができる

派遣で働くメリットとして大きいのは、やはり柔軟に働くことができるという点です。自分のライフスタイルを大切にしながら働くことができるので、家庭の事情などで働く時間が限られている場合でも安心です。というのも、派遣の場合はシフトを自由に組むことができるので、例えば週に○回、○時間のみといった契約をあらかじめしておけばその契約内で働くことができます。そのため、仕事によってプライベートが潰されてしまうことはありません。残業に関しても、派遣はあらかじめ時間外労働なしとしている施設も多く、あったとしても正社員と比べて少ないことがほとんどです。

時給が高い

給与面でみると、まず直接雇用されているパートやアルバイトよりも時給が高く設定されていることがほとんどです。地域によって相場は異なりますが、都市部で考えた場合直接雇用のパートだと時給1000円ほどですが、派遣だと時給1200円から1700円ほどです。また正社員と比べても、実際の労働時間を時給換算した場合に派遣のほうが給料が高いケースも多いです。そのため、ちゃんと働いた分だけ給料をもらいたいという人は派遣を選ぶことが多いようです。ちなみに、介護資格を持っている人は優先的に条件のいい職場に派遣してもらえる傾向があるようです。

様々な事情に対応してくれる

以前まで介護業界で働いていたがブランクがある、介護資格を持っていない、働けない時間帯や曜日がある、などの事情があっても、希望を伝えることで派遣会社がその条件に合う仕事を紹介してくれます。また、派遣先を決める際に職場に直接聞きにくいことがあったら、派遣会社が代行して聞いてくれます。仕事が始まった後も、仕事内容や人間関係などで困ったことがあった際には派遣会社に相談することができますし、いざというときには自分と派遣先の間に入って対応をしてくれます。

その他

正社員の場合だと、介護業務以外にも経営に関わる事務作業などが必要になってきます。その点、派遣はそのような業務を任されることがないので、介護業務に集中して取り組むことができるというメリットがあります。また、今とは違う業務に取り組んでいきたいと考えた場合に、雇用期間が終わればあらためて次の派遣先を選ぶことができるので、様々な経験を積んでいくことができます。すぐに次の派遣先を決めなければならないわけではないので、じっくり計画を立てることもできます。
ちなみに、正社員になりたいと考えた場合には、紹介予定派遣を利用することで正社員になることを前提に派遣として働き始めることが可能です。

休日をしっかり確保したい人におすすめの記事

派遣の魅力は働くスタイルが自由なこと
介護派遣なら休日も自由に選べる

介護業界は人材不足が続いており、そのため多くの介護施設が派遣会社に労働力を求めています。そういった事情もあることから、派遣で働けば休日を自由に選ぶことができます。それはどういうわけか、具体的にみていきましょう。

詳細を見る
介護派遣という働き方

介護職は休日が安定していないからと敬遠している人は多いかもしれません。しかし、「介護派遣」という働き方を選べば、自分のスタイル合わせて休日を取得することが可能です。当サイトは、そんな介護派遣の魅力について詳しく紹介しています。【お問い合わせフォーム】