介護職で平日休みになるデメリット

派遣で安定した休日を!
平日休みのデメリットとは?

平日休みのデメリットとは?

LINEで送る
Pocket

イベントへの参加が難しい

介護職は土日関係なくシフト制で働くことになるので、休みが平日になることが多いです。そこで、平日休みになるとどういうデメリットがあるのかを参考までに知っておきましょう。
まず、様々なイベントへの参加が難しくなることが考えられます。というのも、世の中で開催しているイベントごとの多くは土日祝に行われているからです。土日祝が休みの人が多いので、イベント主催者もそこに開催日を設定しているのです。そのため、行きたいイベントがあっても行くことが難しいというデメリットがあります。

予定が合わない

土日祝が休みの人は多く、例えば友人がそうだった場合になかなか予定が合わないというデメリットもあります。その場合どちらかが譲歩して予定を合わせなければなりませんが、大体は平日休みの人が合わせることになるでしょう。暦通りに働いている人は仕事内容的に土日に出勤日をずらすことが難しく、そもそも土日は会社が開いていないこともあるからです。平日休みの人はあらかじめ希望を出しておけば土日祝を休みにすることが可能です。そのため、平日休みの人が周りに合わせなければならなくなるのですが、毎回自分だけが相手に予定を合わせていると不満が募ります。

子どもと過ごせる時間が少ない

子どもがいる人にとっては、わが子と遠方に出かけることができないことがデメリットとなります。自分が休みの日でも、平日子どもは夕方まで学校に行っており、子どもが帰ってきてから出かけるとなると行動範囲が限られてしまいます。逆に子どもがお休みの土日祝は自分が働いているため、子どもと出かけることはできません。そのため、あらかじめ土日祝いずれかに休みの希望を出さなければならなくなります。とはいえ、毎週土日に休みをとるというのは難しいので、やはり土日祝が休みの人と比べると子どもと過ごせる時間が少なくなってしまいます。

行きたいお店がやっていない

美容室などの一部サービス業は平日が休みとなっています。そのため、休みの日に髪を切りに行こうと思ったのにお店がやっていないということがあります。ほかにも、平日は夜しか営業していない飲食店などもあり、せっかく遊びに行ったりしても不便を感じることがあるかもしれません。

曜日感覚が鈍る

平日休みの仕事をしていると、曜日感覚が鈍るというデメリットもあります。暦通りであれば週5日働けば2日休みというルーティンのため自然と曜日感覚が身につきますが、シフト制だと休みの間隔がバラバラなので、「次の休みは○日」といったように曜日ではなく日付で考えるようになります。そのため世間の動向に鈍くなってしまう可能性があります。

休日をしっかり確保したい人におすすめの記事

派遣の魅力は働くスタイルが自由なこと
介護派遣なら休日も自由に選べる

介護業界は人材不足が続いており、そのため多くの介護施設が派遣会社に労働力を求めています。そういった事情もあることから、派遣で働けば休日を自由に選ぶことができます。それはどういうわけか、具体的にみていきましょう。

詳細を見る
介護派遣という働き方

介護職は休日が安定していないからと敬遠している人は多いかもしれません。しかし、「介護派遣」という働き方を選べば、自分のスタイル合わせて休日を取得することが可能です。当サイトは、そんな介護派遣の魅力について詳しく紹介しています。【お問い合わせフォーム】